カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

オリビン(苦土橄欖石) カナリア諸島Lanzarote産

オリビン 苦土橄欖石 ペリドット マントル ゼノリス 玄武岩
オリビン 苦土橄欖石 ペリドット マントル ゼノリス 玄武岩

オリビン(Olivine)はオリーブグリーン色に因んだ名前です。オリーブを漢字で橄欖(かんらん)とする当て字は、実際は別の植物ですが誤訳が定着してしまいました。透明で緑色が美しい結晶は宝石名のペリドット(Peridot)と呼ばれます。8月の誕生石です。地殻の下の上部マントルは緑色の橄欖石を主とした橄欖岩(Peridotite)でできています。
オリビングループ(橄欖石グループ)の化学式はX2SiO4で、Xがマグネシウムのフォルステライト(Forsterite)「苦土橄欖石」(Mg2SiO4)と、Xが鉄のファイアライト(Fayalite)「鉄橄欖石」(Fe2+2SiO4)との間は連続した固溶体になります。普通に産出するオリーブグリーンのものは苦土橄欖石(くどかんらんせき)です。含んだ数%の鉄が緑色の発色原因となり、鉄が多くなるにつれて暗緑色、黒色へと変化します。黒色の鉄橄欖石になると性質と産状が異なり産出が少なくなります。
苦土橄欖石はこの標本のように黒い玄武岩の中に目立つ黄緑色の顔をのぞかせます。これはマントルゼノリス(マントル捕獲岩)と呼ばれます。 マグマが上昇する時に周囲の岩石を取り込む事があります。この取り込まれた(捕獲された)岩石をゼノリス(捕獲岩)といいます。地殻よりも深い上部マントルにある橄欖石は、玄武岩のマグマに取り込まれて地上に運ばれました。
海底火山や海底火山の噴火によって形成された火山島は地殻が薄い海洋地殻なので、マントルゼノリスに成りやすくなります。小さなサイズですが、地球の奥深く、マントルがこのオリーブグリーン色に輝いていると想像が膨らむ標本です。

オリビン(苦土橄欖石) カナリア諸島Lanzarote産

価格:

3,300円 (税込)

[ポイント還元 33ポイント~]
購入数:

在庫

在庫切れ

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Lanzarote,Islas Canarias,Spain
  ランサローテ島 カナリア諸島 スペイン産
幅:約27mm
奥行:約26mm
高さ:約23mm
重さ:19.4g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ