カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

紅鉛鉱(Crocoite)オーストラリアKapi鉱山産

紅鉛鉱 クロコアイト Crocoite タスマニア ダンダス Dundas Kapi鉱山産
紅鉛鉱 クロコアイト Crocoite タスマニア ダンダス Dundas Kapi鉱山産

鮮やかな朱色のクロコアイト(Crocoite)「紅鉛鉱(こうえんこう)」です。英名はその赤橙色の色調からギリシャ語でサフランを意味するクロコス(κρόκος)に由来します。紅鉛鉱は1766年にロシアのBerezovsk鉱山で発見されました。Berezovsk産の本鉱からフランスの化学者ルイ=ニコラ・ヴォークラン(Louis-Nicolas Vauquelin)によって新元素のクロムが発見されます。ヴォークランは1797年にクロム、1798年にベリル(緑柱石)からベリリウムを発見しています。そしてルビーの紅色、エメラルドの緑色がクロムに起因することを明らかにしました。
紅鉛鉱は鉛のクロム酸塩鉱物(PbCrO4)で、単斜晶系に属し柱状に結晶します。柱面の縦に顕著な条線が発達します。濃いオレンジ~赤色が特徴的で条痕は黄橙色となり、光沢はガラス~金剛光沢です。希産鉱物ですがタスマニア島では多産します。ダンダスはクロムの含有量が多い蛇紋岩と接する鉛・亜鉛鉱床で、蛇紋岩からクロムが供給される特殊な環境があります。紅鉛鉱は鉱床酸化帯の褐鉄鉱中に産出します。
この標本は褐鉄鉱に朱色の紅鉛鉱が沢山結晶しています。黒い褐鉄鉱の上で金剛光沢に輝く紅鉛鉱が美しい標本です。

紅鉛鉱(Crocoite)オーストラリアKapi鉱山産

価格:

3,700円 (税込)

[ポイント還元 37ポイント~]
購入数:

在庫

在庫切れ

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Kapi Mine, Dundas, Tasmania, Australia
幅:約63mm
奥行:約54mm
高さ:約43mm
重さ:116.5g
こちらの写真に写っている商品を、ケースに入れてお送りいたします。

ページトップへ