カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

杉石(Sugilite)結晶 南アフリカ Kalahari Manganese Field産

杉石 結晶 原石 スギライト Sugilite 南アフリカ 紫 ケープ Cape マンガン
杉石 結晶 原石 スギライト Sugilite 南アフリカ 紫 ケープ Cape マンガン

珍しいスギライト(Sugilite)「杉石(すぎいし)」の結晶です。鮮やかな紫色の細かい繊維状結晶がビロードの質感で輝いています。
杉石は九州大学の杉健一教授(1901-1948)が愛媛県越智郡岩城島のエジリン閃長岩の中に見出しました。杉教授は発見したウグイス色の鉱物をユージアル石(Eudialyte)に似た鉱物として1944年に学会誌に報告します。その後、山口大学の村上允英教授によって分析されリチウムを含む新鉱物であることが分かります。村上教授は、九州大学学生時代の恩師であり発見者の杉教授に因んで「杉石 Sugilite」と命名し1975年にIMAに申請、新鉱物として認定されました。
1975年に南アフリカのウェッセルズというマンガン鉱山(Wessels Mine)で紫色の鉱物が発見されソグド石(Sogdianite)と同定されましたが、1980年に杉石と判明しました。原産地の岩城島の杉石(KNa2Fe3+2(Li3Si12)O30)はウグイス色ですが、マンガン(Mn)を含むと美しい紫色になります。条痕は白色です。六方晶系に属し、結晶は稀で普通は塊状です。
杉石の価値である紫色の発色が鮮やかで、繊維状結晶の絹糸光沢が美しい標本です。

杉石(Sugilite)結晶 南アフリカ Kalahari Manganese Field産

価格:

5,602円 (税込)

[ポイント還元 56ポイント~]
購入数:

在庫

在庫切れ

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Kalahari Manganese Field, Northern Cape, South Africa
 カラハリマンガンフィールド 北ケープ州 南アフリカ産
幅:約41mm
奥行:約30mm
高さ:約15mm
重さ:20.6g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ