カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

藍銅鉱と孔雀石 中国Liufengshan鉱山産

藍銅鉱 アズライト 結晶 板状 Azurite 孔雀石 マラカイト Malachite

藍銅鉱 アズライト 結晶 板状 Azurite 孔雀石 マラカイト Malachite

鮮明な藍色~暗い紺色のアズライト(Azurite)「藍銅鉱(らんどうこう)」と緑色のマラカイト(Malachite)「孔雀石(くじゃくいし)」の色彩が美しい標本です。
藍銅鉱(Cu3(CO3)2(OH)2)は銅の塩基性炭酸塩鉱物で、銅鉱床の上部酸化帯に産出する二次鉱物です。成分が殆ど同じ孔雀石(Cu2(CO3)(OH)2)と共産することも多く、アズライトと孔雀石(マラカイト)が混在したものはアズロマラカイト(Azurmalachite)と呼ばれます。組成的に孔雀石の方が安定しているので、藍銅鉱が孔雀石に変質することもあります。藍銅鉱の結晶の外形をした孔雀石(藍銅鉱仮晶)はありますが、逆の孔雀石から藍銅鉱への変質はありません。単斜晶系に属し、板状や柱状の結晶はガラス光沢になります。特徴的な藍青色は主成分の銅による自色で、条痕は鉱物の色よりも淡い青色です。藍銅鉱は青色の顔料として古くから利用されました。日本画の岩群青の原料となり、藍銅鉱の産出は少ないため岩群青は高価となります。英名のAzuriteはペルシャ語で“青色”を意味するlazhwardからです。この標本は明るいアズールブルーや、群青色、紺色とトーンに幅のある藍銅鉱の結晶が沢山付いています。
孔雀石も銅の二次鉱物です。鮮烈な緑色は探鉱の目安になりました。単斜晶系に属しますが普通は塊状で結晶形をあらわすことは稀です。この標本の孔雀石は細かな針状に結晶しています。標本の表側や裏側、底側にも針状結晶が付いています。濃い緑色は主成分の銅による自色で、条痕は緑色を保つ淡緑色になります。粉末は緑色の顔料として太古の昔から利用されました。クレオパトラが緑色のアイシャドウに使った話が有名です。英名は葉の緑色に因んだアオイ科の植物mallowが語源で、古代ローマのプリニウスの博物誌にmolochitusと記載されています。和名は縞模様が孔雀の羽に見えることからです。
この標本は青色で毛状結晶の青針銅鉱(Cyanotrichite)を伴っています。藍色と緑色の濃く鮮やかな色合いに彩りを添えています。

藍銅鉱と孔雀石 中国Liufengshan鉱山産

価格:

10,185円 (税込)

[ポイント還元 101ポイント~]
購入数:

在庫

在庫切れ

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Liufengshan鉱山 安徽省 中華人民共和国
幅:約75mm
奥行:約75mm
高さ:約64mm
重さ:249.6g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ