カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

藍銅鉱(Azurite)板柱状結晶 モロッコ Touissit鉱山産

藍銅鉱 アズライト 結晶 Azurite Bou Skour
藍銅鉱 アズライト 結晶 Azurite Bou Skour

藍銅鉱 アズライト 結晶 Azurite Bou Skour

アズライト(Azurite)「藍銅鉱(らんどうこう)」の濃藍色のシャープな板柱状結晶です。
藍銅鉱(Cu3(CO3)2(OH)2)は銅の塩基性炭酸塩鉱物です。藍銅鉱は成分が殆ど同じ孔雀石(Cu2(CO3)(OH)2)と共産することも多く、アズライトとマラカイトが混在したものはアズロマラカイト(Azurmalachite)と呼ばれます。組成的に孔雀石の方が安定しているので藍銅鉱が孔雀石に変質することがあり、藍銅鉱の結晶の外形をした孔雀石(藍銅鉱仮晶)はありますが、逆の孔雀石から藍銅鉱への変質はありません。
藍銅鉱は単斜晶系に属し、柱状や板状の自形結晶はガラス光沢になります。外観の似ている青鉛鉱(リナライト)とは酸で発砲することで区別できます。特徴的な藍青色は主成分の銅による自色で、条痕は鉱物の色よりも淡い青色です。青色の顔料として古くから利用されました。日本画の岩群青の原料となり、藍銅鉱の産出は少ないため岩群青は高価となります。英名のAzuriteはペルシャ語で“青色”を意味するlazhwardからです。
この標本は、濃藍色が艶やかに輝く藍銅鉱の板柱状結晶です。結晶は照り輝く結晶面に細い条線が走りシャープです。光のもとで見ると濃藍色の中に鮮明な青色が浮かび上がります。濃藍色の中の青色が際立つ藍銅鉱です。モロッコのTouissit鉱山はミシシッピーバレー型の鉛・亜鉛鉱山で、藍銅鉱や硫酸鉛鉱の良晶の産地として有名です。現在は標本の入手は困難となりました。

藍銅鉱(Azurite)板柱状結晶 モロッコ Touissit鉱山産

価格:

13,750円 (税込)

[ポイント還元 137ポイント~]
購入数:

在庫

在庫切れ

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Touissit Mine, Jerada, Oriental, Morocco
 Touissit鉱山 ジェラダ オリアンタル地方 モロッコ産
幅:約35mm
奥行:約30mm
高さ:約21mm
重さ:25g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ