カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

孔雀石とクリソコラ(Malachite on Chrysocolla)コンゴ Mashamba West鉱山産

孔雀石 針状結晶 マラカイト 珪孔雀石 クリソコラ Malachite Chrysocolla
孔雀石 針状結晶 マラカイト 珪孔雀石 クリソコラ Malachite Chrysocolla

孔雀石 針状結晶 マラカイト 珪孔雀石 クリソコラ Malachite Chrysocolla

緑色のマラカイト(Malachite)「孔雀石(くじゃくいし)」と空色のクリソコラ(Chrysocolla)「珪孔雀石(けいくじゃくせき)」です。
孔雀石は銅を主成分とした炭酸塩鉱物(Cu2CO3(OH)2)です。単斜晶系に属しますが塊状が多くなります。研磨された孔雀石は縞模様も美しく、古くから装飾品や彫刻品に用いられました。硬度は3½~4で軟らかい鉱物です。和名は同心円状の縞模様が孔雀の羽に似ていることからです。英名は葉の緑色に因んだアオイ科の植物mallowが語源となりました。濃い緑色は銅による自色で、条痕は緑色を保つ淡緑色になります。粉末は緑色の顔料として太古の昔から利用されました。クレオパトラが緑色のアイシャドウに使った話が有名です。緑色は探鉱の目安になりました。
クリソコラは銅を主成分とした珪酸塩鉱物((Cu,Al)2H2Si2O5(OH)4・nH2O)です。Chrysocollaはギリシャ語で“金 chrysos”と“接着 kolla”を意味する言葉で、紀元前315年に古代ギリシアの哲学者、博物学者であるテオプラストス(Theophrastus)が最初に用いました。珪酸塩鉱物なので和名は珪孔雀石と呼ばれます。直方(斜方)晶系に属し普通は塊状です。硬度は2½~3½で鮮やかな水色が特徴的です。銅鉱床の二次鉱物として孔雀石とクリソコラはよく共産します。
この標本の孔雀石は塊状ではなく針状の結晶です。針状結晶の集合体が細かくキラキラと輝きます。色はビビッドなマラカイトグリーンです。明るい空色のクリソコラとマラカイトグリーンがカラフルです。孔雀石はクリソコラの上や母岩の隙間にも結晶しています。鮮やかな空色の上で、より一層彩度が高いマラカイトグリーンに輝く孔雀石の大変美しい結晶標本です。

孔雀石とクリソコラ(Malachite on Chrysocolla)コンゴ Mashamba West鉱山産

価格:

8,300円 (税込)

[ポイント還元 83ポイント~]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Mashamba West Mine, Kolwezi, Lualaba(Katanga), DR Congo
 Mashamba West鉱山 コルヴェジ ルアラバ州(カタンガ州)コンゴ民主共和国産
幅:約43mm
奥行:約33mm
高さ:約30mm
重さ:23.7g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ