カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

アクアマリン(緑柱石)と白雲母 パキスタンHunza産

アクアマリン Aquamarine 緑柱石 白雲母 Beryl Muscovite

アクアマリン Aquamarine 緑柱石 白雲母 Beryl Muscovite

アクアマリン Aquamarine 緑柱石 白雲母 Beryl Muscovite

水色のアクアマリン(Aquamarine)と白銀色のマスコバイト(Muscovite)「白雲母(しろうんも)」です。
アクアマリンは不純物の鉄(Fe)の作用で水色になったベリル(Beryl)「緑柱石(りょくちゅうせき)」です。ベリリウムとアルミニウムの珪酸塩で、SiO4の珪酸4面体が頂点2つを共有して環状に6個連結したサイクロ珪酸塩鉱物(Be3Al2Si6O18)です。六角柱状に結晶します。純粋なベリルは無色で色によって固有の宝石名がついています。クロムの作用で濃緑色になったエメラルド、マンガンの作用でピンク色になったモルガナイトなどがあります。英名Berylはギリシャ語で“緑色の石”を意味するberyllosに由来します。緑色のタイプが最も普通なので和名も緑柱石です。ベリルはレアメタルのベリリウムの鉱石としても重要で、ベリリウムはベリルから発見されたことから名付けられました。アクアマリンは名前のとおり“海の水”のような淡い水色の結晶です。
白雲母(KAl2(Si3Al)O10(OH)2)はカリウムのアルミノ珪酸塩水酸化物でフィロ珪酸塩鉱物です。板状に結晶して、結晶が薄く剥がれるのが特徴的です。“千枚はがし”の別名があります。またキラキラと輝くことから“きらら”とも呼ばれます。よくペグマタイトにアクアマリンと共産します。
この標本のアクアマリンは白雲母が透けて見える清らかな水色の柱状結晶です。水色半透明の塊状の部分もあります。白銀にきらめく白雲母の中に水色の宝石アクアマリンが群晶している贅沢な標本です。アクアマリンは3月の誕生石です。

アクアマリン(緑柱石)と白雲母 パキスタンHunza産

価格:

21,000円 (税込)

[ポイント還元 210ポイント〜]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Hunza, Gilgit-Baltistan, Pakistan
  フンザ ギルギット・バルティスタン州 パキスタン産
幅:約75mm
奥行:約75mm
高さ:約35mm
重さ:129g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ