カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

ルチルと赤鉄鉱と玉滴石(Rutile and Hematite in Hyalite)ブラジル Novo Horizonte産

ルチル ハイアライト ヘマタイト 金紅石 玉滴石 赤鉄鉱 Rutile Hyalite Hematite
ルチル ハイアライト ヘマタイト 金紅石 玉滴石 赤鉄鉱 Rutile Hyalite Hematite

ルチル ハイアライト ヘマタイト 金紅石 玉滴石 赤鉄鉱 Rutile Hyalite Hematite

金色のルチル(Rutile)「金紅石(きんこうせき)」と黒色のヘマタイト(Hematite)「赤鉄鉱(せきてっこう)」と無色透明なハイアライト(Hyalite)「玉滴石(ぎょくてきせき)」です。ブラジルのNovo Horizonteはルチル入り水晶(Rutilated Quartz)やヘマタイトとルチルの“太陽ルチル”の産地として知られます。
ルチルは二酸化チタン(TiO2)の鉱物の一つで、鋭錐石(Anatase 正方晶系)、板チタン石(Brookite 直方(斜方)晶系)と同質異像です。ルチルは正方晶系に属し、結晶は柱状や針状で縦に条線があります。純粋な二酸化チタンは無色ですが天然のルチルは不純物として鉄、タンタル、ニオブ、クロム、バナジウム、錫を含み、柱状結晶は赤色~黒色の色調となります。英名はラテン語で“赤く輝く”という意味のrutilusからドイツの地質学者ウェルナー(Abraham Gottlob Werner)によって1800年に命名されました。黒色の結晶は光にかざすと赤色に輝きます。ルチルは非常に高い屈折率(2.62~2.90)が特徴で、金剛光沢~亜金属光沢となります。条痕は淡褐色です。この標本のルチルは明るい金色の針状結晶です。
赤鉄鉱は鉄の酸化鉱物(Fe2O3)でチタン鉄鉱(Ilmenite FeTiO3)と固溶体をつくります。三方晶系に属し外観は様々となります。結晶面が鏡のように輝く金属光沢の結晶は鏡鉄鉱(きょうてっこう Specularite)と呼ばれます。黒色ですが条痕は赤褐色であることが特徴で鑑定の目安にもなります。英名のHematiteはギリシャ語で血を意味する言葉に由来し、古代ギリシャ・ローマ時代から血にまつわる伝承が数多くある鉱物です。
玉滴石はオパール(Opal)の一種で、非晶質の含水二酸化珪素(SiO2・nH2O)です。無色透明で粒状やブドウ状の、まさに水滴の玉や水滴が集まったような外観のものを和名で玉滴石と呼びます。英名のHyaliteはギリシャ語で“ガラスの石”を意味します。玉滴石にはオパールのような遊色はありません。
こちらは色と質感と形状の違う三種の鉱物が揃った有名産地の標本です。

ルチルと赤鉄鉱と玉滴石(Rutile and Hematite in Hyalite)ブラジル Novo Horizonte産

価格:

4,400円 (税込)

[ポイント還元 44ポイント~]
購入数:

在庫

在庫切れ

在庫切れ
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Novo Horizonte, Bahia, Brazil
 ノボ・オリゾンテ バイーア州 ブラジル産
幅:約28mm
奥行:約20mm
高さ:約19mm
重さ:3.8g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ