カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

鉄礬柘榴石(Almandine)オーストリア Otz valley産

鉄礬柘榴石 アルマンディン Almandine 菱形12面体 結晶
鉄礬柘榴石 アルマンディン Almandine 菱形12面体 結晶

柘榴石グループ(Garnet Group)の固溶体には主な端成分が6つあり、その中のひとつアルマンディン(Almandine)「鉄礬柘榴石(てつばんざくろいし)」は鉄とアルミニウムを主成分とした珪酸塩(Fe2+3Al2(SiO4)3)です。礬はアルミニウムを意味します。鉄礬柘榴石は広域変成岩の結晶片岩をはじめ他にもペグマタイトなど産状の幅が広く、グループの中で最も普遍的に産出する柘榴石です。英名のAlmandineは、古代から鉄礬柘榴石をカットして宝石としていたトルコの街Alabandaからドイツの鉱物学者ゲオルク・アグリコラ(Georgius Agricola)によって1546年に命名されました。等軸晶系に属し結晶は偏菱24面体が多く、24面体と菱形12面体との集形の36面体にもなります。ガーネット(Garnet)はラテン語で“柘榴”を意味する言葉(granatum)で、そのコロコロとした丸い外形と色がザクロの実に似ていることに由来します。深紅の宝石ガーネットは1月の誕生石です。
この標本の鉄礬柘榴石は欠けた部分もありますが幅約5cm、重さ約125gある大きな菱形12面体の結晶です。色は濃い赤褐色で光にかざすと透明感があります。純粋な鉄礬柘榴石はFeO:43.3%、Al2O3:20.5%、SiO2:36.2%で柘榴石グループの中では最も重く比重は4.32です。含まれる鉄は赤色の発色原因となり、また多いと黒くなります。オーストリア・チロル産の掌全体でずしりと重さを感じる大きなアルマンディンの結晶です。

鉄礬柘榴石(Almandine)オーストリア Otz valley産

価格:

5,600円 (税込)

[ポイント還元 56ポイント〜]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Ötz valley, Tirol, Austria
 エッツ渓谷 チロル州 オーストリア産
幅:約50mm
奥行:約45mm
高さ:約37mm
重さ:124.8g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ