カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

赤銅鉱(Cuprite)八面体結晶 ロシアRubtsovskiy鉱山産

赤銅鉱 Cuprite 8面体 結晶
赤銅鉱 Cuprite 8面体 結晶
赤銅鉱 Cuprite 8面体 結晶

キュープライト(Cuprite)「赤銅鉱(せきどうこう)」の正8面体の結晶です。
赤銅鉱(Cu2O)は銅の酸化物で銅鉱床の酸化帯に産出する銅の二次鉱物です。英名はラテン語の銅cuprumからの命名です。等軸晶系に属し、結晶は正8面体や立方体、またはその集形になります。等軸晶系ですが針状の結晶になることもあり針銅鉱(Chalcotrichite)と呼ばれます。通常は塊状や微結晶が多くなります。赤銅鉱は屈折率が2.85あり、強い光輝と濃い赤色が特徴です。条痕は赤褐色となります。純粋なものはCu:約89%、O:約11%で銅の鉱石としても重要です。
この標本は正8面体結晶が群晶していて、大小の三角形がひしめいています。三角形の一辺は1〜2mm程から、一番大きな結晶は約1cmです。赤銅鉱の大きな自形結晶は貴重です。結晶は蛍光灯の元では黒色に見えますが、白熱灯にかざすと赤銅鉱の本来の赤色に輝きます。ルビーのような鮮紅色透明の部分も現れます。白熱灯での写真もありますのでご確認ください。黒色の奥から静かに赤く輝く様子が美しい赤銅鉱の結晶です。

赤銅鉱(Cuprite)八面体結晶 ロシアRubtsovskiy鉱山産

価格:

5,000円 (税込)

[ポイント還元 50ポイント〜]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Rubtsovskiy Mine, Altaiskiy Krai, Siberia, Russia
 Rubtsovskiy鉱山 アルタイ地方 シベリア ロシア産
幅:約25mm
奥行:約19mm
高さ:約20mm
重さ:17g
こちらの写真に写っている商品をお送りいたします。

ページトップへ