カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 鎌倉長谷 善ストーン サイトマップ
RSS

オパール化した貝化石(Shell Opal)オーストラリア Coober Pedy産

貝オパール シェルオパール Shell Opal プレシャスオパール 貴蛋白石 Coober Pedy
貝オパール シェルオパール Shell Opal プレシャスオパール 貴蛋白石 Coober Pedy

二枚貝の化石がオパール化した貝オパール(Shell Opal)です。世界最大のオパールの産地であるオーストラリアのクーバーピディは、約1億年前(白亜紀)に存在した内海(Eromanga inland sea)の沿岸に位置します。1億年前には海の浅瀬だった地層の堆積岩の中から、オパール化した貝の化石が産出されます。
オパール(SiO2・nH2O)は非晶質の含水二酸化珪素です。化石となった貝の炭酸カルシウムが溶け出したところに珪酸に富む地下水が浸透してオパールへと変化します。珪酸の球体の集合体であるオパールは、球体が規則正しく並ぶと光の回折現象で虹色の遊色(ゆうしょく)が現れます。遊色のあるオパールはプレシャスオパール(Precious Opal)と呼ばれ宝石となります。10月の誕生石の一つにも制定されています。
この標本は研磨したら、白色の中に七色の遊色が現れました。プレシャスオパール(貴蛋白石)の地色が白色のものはホワイトオパール(White Opal)と呼ばれます。クーバーピディはホワイトオパールの産地です。そして貝オパールは生成の条件が限られた、世界でもオーストラリアでしか産出されない稀少性の高いオパールです。研磨をしなかった部分は成長線も見られ、貝の形状が良く保たれている白い貝オパールです。

オパール化した貝化石(Shell Opal)オーストラリア Coober Pedy産

価格:

10,000円 (税込)

[ポイント還元 100ポイント〜]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

産地:Coober Pedy, South Australia, Australia
 クーバーピディ 南オーストラリア州 オーストラリア産
幅:約35mm
奥行:約20mm
高さ:約28mm
重さ:12.1g
上部写真に写っている研磨した商品をお送りいたします。

貝オパール 研磨作業

ページトップへ